新安定型ハイドロキノンは安全でシミに効果的!

hada14 ハイドロキノンは、シミの元メラニンの生成を抑える
効果
がすごくあります

ハイドロキノンが配合されている美容液は希少です。
できてしまったシミに一番効果があります。

他の美容液はシミにならないように美白ケアをしてくれるだけで、出来てしまったシミに
大きな効果はありません。

ハイドロキノンは一般的な美白成分に比べ、約100倍の効果があると言われています。
できてしまったメラニンを元に戻す効果もあり、美容皮膚科ではシミ治療の特効薬とさえいわれています。

シミには保湿&美白が必要です。
肌のキメを整えつつ美白するのが一番です。

新安定型ハイドロキノンとは

  • ハイドロキノンを安定化させて皮膚への刺激を徹底的になくしたもの
  • ハイドロキノンの弱点(光や酸素、熱に対してとても弱い)を攻略
  • BCDACという物質で包んだ画期的なハイドロキノン

アンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズには化粧水にも美容液にも配合されています。
冷蔵庫をお手入れのたびにあける必要もなく、毎日ハイドロキノンを安全に使うことができます。

紫外線がシミを作る?

simi6 紫外線から肌を守らないと
皮膚がんなどに侵されてしまいます

皮膚のメラニン色素がシミを作るという仕組みが
あるのを知っていますか?
シミのできる原因は紫外線のせいばかりではありません。

シミを作る原因

  • 紫外線
  • 加齢によるDNAの損傷

この2つのどちらかが原因で、元々溜まっていたメラノサイトがメラニン色素を発生させています。
そしてこれがシミの元です。

紫外線の刺激によりメラノサイトは増殖し活発化するので、やはり紫外線を敵に
思ってしまうのは仕方ないですよね。

シミを肌に残す要因は、栄養バランスの崩れや体調不良ホルモンバランスの乱れ
精神的ストレスなどにより、ターンオーバーが乱れることが大きく影響します。

つまり、シミ対策には、紫外線予防と合わせて、 正しい生活改善をしてターンオーバーを
促すのがとても大事なんですね!

シミをなくしていく食べ物とは?

yasai1 シミをなくしていく食べ物ってどんなもの?

シミをなくす食べ物がもしあったら、知りたいですよね。

また、できてしまったシミを消すのが難しくてもこれからできる
シミをなんとか食い止められれば
ぜひ食べ物でブロックしたい!
ですよね。

巷でよく言われているのが、ビタミンCがたくさん含まれる食べ物が、シミを少なくする
といいますよね。
目安として1日1,500ミリ以上を摂る必要があります。
1,500ミリ以上摂ると、体の中で効く日焼け止めとしての効果が発揮され始めます。

シミをなくしていくための食べ物は、他にはどのようなものがあるのでしょうか

シミに効果的な食べ物

  • グレープフルーツ、みかん、などのかんきつ類
  • ナッツ類などのビタミンD
  • アボカド、うなぎ、いちごなど
  • 緑黄色野菜

面白いところでは、エビやカニ、鮭やイクラに含まれる赤い色素にふくまれるキチンキトサン
なども、シミに効果があるようです。
ビタミンEの500~1000倍もの抗酸化力があるんですよ。
聞いているだけで、シミに効きそうですよね

シミをなくすための方法は?

simi5 諦めていませんか?実はシミをなくす方法があります。

加齢とともにシミはどんどん増えてきます
鏡を見てはシミのなかったころの自分を思い出し、気がめいることも
しばしばあります。

シミを見ながらもっと早くからシミ対策をしておけば良かったと思って
しまいます。

シミがなくなることで何が良いのかというと、肌状態がよくなるという外的なことだけでなく
内面が明るく積極的になれるということなんでしょうね。

シミを出来るだけつくらないようにする努力は絶対に必要ですが、それではできてしまったシミを
なくすにはどのようにすればよいのでしょうか。

シミを消す方法

  • ハイドロキノン入りの化粧品を使う
  • 尿素入りの化粧水をつかう
    ※尿素はハンドクリームやかかとの角質クリームにも含まれていてシミ除去に効果的です。
  • 水切りヨーグルトを作った際に下にたまるホエイを化粧水代わりにする
  • 米のとぎ汁を化粧水代わりにする
  • 美白化粧品、UVカット化粧品をきちんと継続して使い続ける
  • エステやクリニックでレーザー除去

イラスト尿素、水切りヨーグルトなどは意外ではないでしょうか。
値段も安く手に入れることができるので、一度試してみる価値は
ありそうですね。

またお米のとぎ汁にいたっては、お米を買えば自動的についてくるので
新しく買う必要もありません。
一番は、あなたの肌に合った方法を見つける のが大事でしょう。

顔にできるシミにはどんな種類のものがあるの?

 顔のシミ、といっても実はいろいろな種類があります。

ついこの間までなかったのに、ある日ふと気づいてしまうシミ嫌ですよね。
女性なら誰しもすぐにでも消したい!と思ってしまいます。

色白のこどもの頬、鼻の上にある薄くて茶色い点々、あれはそばかすと呼ばれるもので
大人になるにつれて徐々に薄くなっていくものなんですね。

では、頑固な大人のシミ、これにはどのような種類があるのでしょうか。

大人のシミの種類

  • 肝斑
  • 日光黒子
  • 老人性色素斑

細かく分ければもっと多くなるのですが、大体この3つに区分されます。
注意しなければいけないのが肝斑で、これは紫外線によるものではなくむしろ内臓から
きているもので、普通のシミとあまり見分けがつかないという難点があります。

イラスト肝斑はレーザー治療などが効かず、もしレーザーを当ててしまうと
逆に残って
しまいます。

自分のシミがどのような種類ものであるかをきちんと把握していないと、
間違った治療法で余計にひどくしてしま場合もあります。
シミの種類をよく見極め、対処していく必要がありますね。

みなさんが一番悩まされているのが日光黒子です。
日光黒子は、昔であればレーザー治療でしか消す方法がありませんでしたが、いまでは話題の
ハイドロキノンでの対処が可能です。

ハイドロキノンは刺激が強いのですが効果もとても高く、正しく使うことでシミを徐々に
消していく
ことができます。
このハイドロキノン、シミができてしまっている人には有難い成分なのですよ!。