紫外線の影響

hiyake_1 紫外線は肌のシミやしわの原因になります。

紫外線の種類は2種類ありUVAUVBです。
UVAとUVBは、お肌の内側でそれぞれ違った影響を与えます。
引き起こす影響もそれぞれ違います。

UVAとUVBの影響

  • UVA:肌の色を黒くするサンタン(日焼け)を招く
  • UVB:サンバーン(赤い水ぶくれのような状態)を引き起こす

その人の肌のタイプによって、紫外線を浴びた後の症状は様々です。
でも、サンタンもサンバーンも肌の白さを鈍らせたり、くすみを作る原因があるので
むやみに日焼けをするのは、後で後悔することになります。

特に、紫外線が肌内部で起こす老化現象はすぐに目に見えないため、ついケアを
怠ってしまいますが、あとのことを考えるとやっぱり、シミになる前からちゃんと
注意しておかないといけません。

紫外線を浴びすぎると、単純に肌が日焼けするだけでなく、そのあとで、肌のしみしわ肌荒れ
など肌トラブルの大きな原因となることがほとんどです。

紫外線が肌に与える影響は?

sigaisen_1 紫外線は電磁波の一種で太陽の光の一部です

紫外線は肌(皮膚)にとっては有害なのに、人の目には見えません。
また、2種類の紫外線があり、そのダメージはそれぞれ違う悪影響
あります。

2種類の紫外線のダメージ

  • UVA・・メラノサイトを活性化させメラニンの作成や更に黒くする
  • UVB・・表皮をメインにダメージを与え、肌に炎症を起こす

種類は違うのに、どちらも非常に悪い影響があります。

肌に届く紫外線は、UVAUVB2種類に分けられますが、それぞれが違ったダメージを
与えます。

UVAは、主に、肌の奥の真皮にまで届き肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンを壊し
弾力が弱まってシワができるので、非常に厄介です。
UVBは、角化を早めて肌荒れも起こしやすくなるので、もともと肌の弱い人は特に注意です。

UVAとUVBの見分け方は、ガラスを通すか通さないかの違いだけです。
UVBはガラスを通さないので晴れた日の屋外が要注意ですが、UVAはガラスを通すので室内にも
入ってきてしまいます。

UVAとUVBを防ぐ方法

  • 外出のときは更に帽子をかぶる
  • 室内では遮光カーテンを使う

外出するときも室内においても紫外線が強くなる春からは、UV化粧品で肌を常に保護することが
必要です。