顔にできるシミにはどんな種類のものがあるの?

 顔のシミ、といっても実はいろいろな種類があります。

ついこの間までなかったのに、ある日ふと気づいてしまうシミ嫌ですよね。
女性なら誰しもすぐにでも消したい!と思ってしまいます。

色白のこどもの頬、鼻の上にある薄くて茶色い点々、あれはそばかすと呼ばれるもので
大人になるにつれて徐々に薄くなっていくものなんですね。

では、頑固な大人のシミ、これにはどのような種類があるのでしょうか。

大人のシミの種類

  • 肝斑
  • 日光黒子
  • 老人性色素斑

細かく分ければもっと多くなるのですが、大体この3つに区分されます。
注意しなければいけないのが肝斑で、これは紫外線によるものではなくむしろ内臓から
きているもので、普通のシミとあまり見分けがつかないという難点があります。

イラスト肝斑はレーザー治療などが効かず、もしレーザーを当ててしまうと
逆に残って
しまいます。

自分のシミがどのような種類ものであるかをきちんと把握していないと、
間違った治療法で余計にひどくしてしま場合もあります。
シミの種類をよく見極め、対処していく必要がありますね。

みなさんが一番悩まされているのが日光黒子です。
日光黒子は、昔であればレーザー治療でしか消す方法がありませんでしたが、いまでは話題の
ハイドロキノンでの対処が可能です。

ハイドロキノンは刺激が強いのですが効果もとても高く、正しく使うことでシミを徐々に
消していく
ことができます。
このハイドロキノン、シミができてしまっている人には有難い成分なのですよ!。

顔のシミって何が原因でできるの?

skin2
 顔のシミは何が原因なのでしょうか?

一番に言えるのが紫外線ですよね。
紫外線がお肌に良くないというのは今は誰しも知っていることですね。

シミをなくしていくためには、紫外線にあたらないことなのですがこれは通常、普通に
社会生活を送る中ではなかなか難しいものがあります。

もちろん紫外線だけではありませんので、なにがあるのか一つずつ見ていきましょう。

シミを作る原因とは?

  • 加齢
  • ストレス
  • 内臓トラブル

加齢、は仕方ないにしても、ストレスは意外です。
ストレスを感じることで自律神経がうまく働かなくなり、肌の新陳代謝能力を弱めてしまう
ということなんですね。

新陳代謝がうまくいかないということは、古い皮膚から新しい皮膚への生まれ変わりがうまく
できず、結果としてシミとなって残ってしまうんですね。
ストレスは大敵ですね。

内臓トラブルも結局、ホルモンバランスを崩すということで、これもまた肌のターンオーバー
を妨げてしまう
んですね。
健康管理に留意しつつ、食生活にも十分な注意をして、シミを防衛していきましょう!